青年実業家にクローズアップ

梶原吉広について書き綴っている当サイトだが、たまには他の青年実業家についても触れていこうかと思う。
今回紹介するのは、小出悠人。起業家インタビューで「停止は退歩を意味する」と語る小出は大学生の時に起業を考えていた起業家だ。
大学1年の時、企業を考えるようになり、1年生ながらセミナーに参加したり、様々な会社を見たりしていたそう。ある時、ベンチャー企業の経営者に言われた言葉をきっかけに、サービスを創り出す側に回りたいと思い、企業したとのこと。

海外インターンを運営するNPO法人で専務代理を務めていた時、全国1600人いる中で営業成績トップの成果を上げるなど、めざましい活躍があった。
その後、ITベンチャー企業のインターンを経験し、2012年に株式会社U-NOTEを設立した。

次の紹介するのは、三橋克仁。東京大学の工学部、同大学院工学系研究科修士修了している生粋のインテリ。
スマホ家庭教師のmanaboの代表取締役社長であり、プロトタイプ開発者でもある。
なんでも、個別指導講師とプログラミングの両方の経験を活かしているらしい。IT×教育分野に可能性を感じて、大学院在学中に同事業の構想を開始したそう。若手事業家は総じて行動が早い。

鶴岡裕太は、BASE株式会社を運営している青年実業家だ。1989年12月28日生まれで、学生のうちに起業した。東京工科大学に通っていたが、会社が軌道に乗ったため退学したそう。BASEは、ネットショップを作るためのWEBサービスを展開している。ECサイトを作りたいと思ってから3分後には自分のショップを持つことが可能という感じだ。HTMLやCSSの知識がなくても自由なカスタマイズができる。決済システムも初めから組み込まれているため、簡単にネットショップを開設できそうだ。