梶原吉広が成功するまでの道のり

道のり
梶原吉広(かじわら よしひろ)は実業家として成功した一人だ。
今ではすっかりお馴染みとなっているソーシャルゲームを開発したgloopsの社長だった。
現在は社長の仕事を離れて元芸能人の山本梓と一緒にシンガポールへ移住して生活をしている。

山本梓といえば、グラビアアイドルとしても活躍していたタレントだ。トミーズアーティストカンパニーに所属していて、マルチな活躍で話題になっていた。
テレビドラマ「ワタシが彼を好きになった理由」「ボクが彼女を好きになった理由」や、テレビアニメの「名探偵コナン」などに出演している。
コナンではなんと本人役での出演している。ただ、やはり知名度があるのは「フラビージョ」だろう。スーパー戦隊モノの「忍風戦隊ハリケンジャー」のキャラクターで、視聴者の間でも人気だったという。

フラビージョは、視聴者からの強い要望やその人気に押されて、劇場版などでも登場するほどのキャラクターだ。
フラビージョは強いインパクトのある恰好のキャラクターだが、それを可愛く演じ切ったのは山本梓の実力だ、という声も多い。
アバレンジャー、デカレンジャー、ボウケンジャーと言った他作品でも、その存在感は確かなものだったらしい。有名なNHK教育テレビの天才てれびくんなどの出演も、この時の知名度と実力から起用されたのかもしれない。

そんな知名度の高いタレントと梶原吉広は、実は共通点がある。お互いに語学が堪能だったのだ。
そのため、シンガポール暮らしが全く問題なかったのではないかと言う話だ。

そんな梶原吉広は、新天地・シンガポールを拠点に新しい事業を始めたそう。住み慣れた日本を離れ、外国でやってくのは大変だろうが、家族と一緒ならどんな困難も乗り越えられるというものだろう。そして日本の次は海外で事業を興すというのは、実に彼らしいと思う。個人的に応援している人物の1人なので、今後の活躍も期待したい。

また、「とにかく治安が良い国」と梶原吉広はシンガポールの魅力を語っている。実際に日本と比べて犯罪の発生率が低いと言われているシンガポール。世界のなかでも治安の良い国で知られている。その理由として日本ではOKなことがシンガポールでは罰則が存在したりするようだ。

梶原吉広は2018年の気になるニュースとして「グノシースポーツ」がリリースされたことを挙げている。グノシーの知名度を考えるとこのアプリの利用者も増えていくのではないかと予測している。お気に入りのチームを登録できる「マイチーム」機能にも注目しているようだ。

最近ではコロナ禍で1年延期になった東京オリンピックに注目しているらしい。梶原吉広は特に野球好きで知られているが、スポーツ全般が好きなようだ。4年に1度のスポーツの祭典が日本で開催されるとあっては、彼も黙ってはいられないのだろう。観戦チケットは再抽選となったので、まだ生で観戦できる可能性があるかもしれない。運が良ければ、選手たちの熱い戦いを肌で感じられるのではないだろうか。